袴を学ぼう

最近の袴事情はどんな感じ?

最近の袴事情はどんな感じ? 袴と言えば、古き良き時代を思わせるたいへん落ち着いた伝統的なイメージがあることでしょう。
しかし、最近の袴事情は昔とは大きく異なってきています。
今でも、大事な卒業式などに袴を着ていきたいという女性は比較的多いと言われています。
最近では、可愛らしいデザインを重視した柄、華やかなイメージを与えるたくさんの色合いといったものが特徴となっています。
それによって、昔ながらの落ち着いたイメージというよりは、おしゃれで上品なイメージを与えるものとなっているのです。
加えて、最近の袴は、トータルコーディネイトが非常に重視されているのが特徴となっています。
そのため、単に着物だけではく、ヘアスタイルやメイク、着物の柄に合わせたネイル、さらには小物や靴などにもこだわる人が増えています。
また今は実際に購入しなくても、レンタルできるようになっているため、誰もが気軽にまたリーズナブルに試してみられるようになっているのです。

袴の見た目も時代に合わせて遷り変わります

女性が着用する袴には長い歴史があり、古くは平安時代にまでさかのぼると言われています。
もちろん見た目も亜麻とは大きく異なっており、足元まで隠れるような長いものであったとされています。
特に好まれていたのは鮮やかな赤系統の色でした。
こうした伝統的な袴も時代に合わせて遷り変わりを見せています。
例えば、明治時代になると公の場所でも着用されることが多くなり、より歩行しやすい切袴が正装としても用いられるようになりました。
さらに時代を経て昭和の後期になると、大学の卒業式などに礼装として着用されるようになってきました。
見た目も昔とはずいぶん違い、スカートのような形状になっているのが特徴となっています。
また現代においても同様に、卒業式に袴を着用するのを好む女性も大勢います。
このように時代に合わせていろいろと遷り変わってきたとは言え、いつの時代にも少なからぬ女性の間で人気を集めているファッションと言うことができるでしょう。