袴を学ぼう

袴姿で旅行を楽しむ

袴姿で旅行を楽しむ 日常とは違う時間を過ごし刺激的な体験ができるということで、多くの人は旅行をします。
歴史ある都市として国内外で人気のある京都やその他の観光地では、普通の観光旅行だけでなく、身に着けるものも日常とは異なる体験をさせてくれるツアープランやお店があります。
京都の街並みを袴を着ながら観光することができる、夢館というお店がそのひとつです。
個人からグループまで広く対応しており、舞妓体験も行っているということで人気のある着物レンタル屋さんです。
特徴的なのはオプションとしてロケフォトプランを設けていることで、プロのカメラマンが同行して京都の有名な地域や建造物の前で袴姿のプラン参加者を撮影していきます。
また、富岡製糸場を昔ながらの袴姿で観光するというツアーも開催されています。
かつて富岡製糸場で働いていた「工女さん」たちと同じような恰好をして、世界遺産をまわるという企画です。
普段とは異なる世界を体験する旅行だからこそ、その場所にふさわしい服装で観光してみるというのも良いでしょう。

袴を着て車の運転をすることはできる?

日本の伝統衣装の一種である袴は卒業式などの場において着用する機会のある衣装です。
また弓道などの武道をやっている人も日常的に着用することになるでしょうし、趣味で和装をしているという人も袴を着用する機会は多いでしょう。
もちろんそうした衣装に身を包むことは悪いことではありませんし、日本文化を身近に感じるということであれば非常に良いことであると言えます。
ただ少々注意が必要なのが、そうした衣装を着た状態で車を運転する場合です。
特に袴を着用して車を運転する場合ですと、裾が長く取られている状態だとアクセルやブレーキに引っかかってしまい事故を引き起こす可能性があります。
ブーツを着用することなどを想定して裾が短めになっているのであればそうした危険性は少なくなりますが、もし草履や雪駄、下駄などを履いて移動するというのであれば運転中は裾を短めにして、スニーカーに履き替えるなどの工夫をした方がよいでしょう。
「危ないな」と思ったのでればすぐに改善し、車の運転は常に安全を最優先して行うようにしてください。