袴を学ぼう

袴のレンタルのメリットについて解説

袴のレンタルのメリットについて解説 卒業式などに、振袖に合わせる袴のレンタルのメリットについて解説します。
現代の日本では、民族衣装である着物を着る機会は、決して多くはありません。
しかし、成人式や卒業式などの晴れの日には、着物を着る方はいます。
振袖は、結婚式に出席する際にも着る機会もありますが、袴は卒業式などでしか着用する場面はありません。
ですので、保管管理を考えると、レンタルにするメリットがあるのです。
もしも、袴を購入したからと言って、どのような場面でも着用しても良い訳ではありません。
着物には、それぞれの格式があり、ルールがある事が多く解説されています。
また、同じ振袖でも、合わせる袴や小物などを変えるだけでも、全く違う雰囲気のコーディネートを楽しむ事もできます。
このような時も、レンタルならば毎回違うコーディネートを選ぶ事ができるので、楽しみを増やす事ができるのです。
レンタルならば、それぞれの状況によって柔軟に選択する事ができるのです。

保管を考えれば袴レンタルの方が良い

最近は、ほとんどの方が卒業式で、袴を着るようになりました。
その場合、まず悩むのが、レンタルするか、購入するかという事です。
最近は、手頃な値段の袴もでています。
そのうえレンタルすると、指定された日に返却しなければならないので、写真などを撮る場合慌ただしい思いをしなければなりません。
また人気のあるデザインは競争率が高く、必ずしもお気に入りの袴がレンタルできるとはかぎりません。
そうなると、購入をしてしまった方がお得ではないかと考える方が多くいます。
しかし、普段着ている洋服と違い、袴を自分で保管しておくというのは、とても大変で手間がかかることです。
まずは、通気性の良い場所に保管しなければなりません。
湿気の調整をしてくれる、桐の箱か桐の箪笥に保管するのが一番最適な方法です。
そのうえ定期的に虫干しをして風を通す事も必要です。
また汚れが少しでもついた場合、専門のクリーニング店でクリーニングして綺麗にしなければなりません。
やはり家庭で保管するのは、とても大変で手間のかかる事です。
その手間を考えると、やはりレンタルがおすすめです。

新着情報

◎2017/9/29

上品に着こなすコツ
の情報を更新しました。

◎2017/6/7

最近の袴事情はどんな感じ?
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

袴の色々なデザインと流行
の情報を更新しました。

「袴 説明」
に関連するツイート
Twitter

中国で町興しとしてそこを舞台にしたギャルゲーを作るという企画があって面白いことしてるなーと思ってゲーム画面みたらヒロインが日本のを着ていて説明に「向こうではコスプレ的な位置付け」とあったけど、すごくわかる。 は未来人がその時代に行って伝承したのかって勢いで可愛いもんわかる。

TwitterEusia :ゆーしあ@ButaHouse

返信 リツイート 13:02

特急のと助勤者のは絶対に間違えないけど説明するのが難しいんだよな 実際に見せるのが一番いいんだけどさ

Twitterナマ物見遊山ステ@enagem_koob

返信 リツイート 8:51

は合気道では足さばきを見られない為に履くと説明されるが 和楽器奏者はなんの為に履くのだろう。 他の意味合いもあるのでしょうか。

あとから聞いたらこの男は年が年中赤シャツを着るんだそうだ。妙な病気があった者だ。当人の説明では赤は身体からだに薬になるから、衛生のためにわざわざ誂えるんだそうだが、入らざる心配だ。そんならついでに着物もも赤にすればいい。

最近、卒業式の着物や禁止を告げられる所が県内で増えてるかも。うちの小学校もたまに姿の卒業児がいて、かわいかったのだけど、昨日6年最後の参観日で、卒業式の説明の時、は相応しくない格好扱いで😱禁止してはなかったけど。着慣れない子のトイレや着崩れの対応が出来ない心配もあるのかなぁ

朝春「よく分かんない。お母さんみたいに説明して!」 「子供には解らない事でも大人になると解る事って有るのよ。 さっさと食べて学校行きなさい」 朝春「ちぇっ! カーチャンはいつもそれだよ。行ってきまーす!」

あとから聞いたらこの男は年が年中赤シャツを着るんだそうだ。妙な病気があった者だ。当人の説明では赤は身体からだに薬になるから、衛生のためにわざわざ誂えるんだそうだが、入らざる心配だ。そんならついでに着物もも赤にすればいい。

RT @gunsou_SGT: 「会社説明会には自由な服装で(ry)」と言われたので、紋付で会場に殴り込んだトリガー pic.twitter.com/thDCRkxsZd

Twitter匿名Aさん / しいぎ(椎木)P@tokumeiAsan

返信 リツイート 2/19(火) 0:07

弓を引く時に袖が邪魔になりません。 そして、納射や矢渡し(やわたし)〈この二点は確か劇中に説明があったと思うので、説明を省かせて頂きます〉等の然るべき場において、上記の白い上衣は適した服装とはいえません。正装で臨みます。 正装は下の絵のように黒い(女性は黒または紺)紋付きをさします pic.twitter.com/YEdwQMCNGz

あとから聞いたらこの男は年が年中赤シャツを着るんだそうだ。妙な病気があった者だ。当人の説明では赤は身体からだに薬になるから、衛生のためにわざわざ誂えるんだそうだが、入らざる心配だ。そんならついでに着物もも赤にすればいい。